関東屋根雨樋修理足場設置見積もりセンター

屋根・雨樋の修理、足場の設置工事を、業者や費用を比較しながら最適な業者をお選びいただけます。

  • 屋根写真2
  • 0000443468.png
  • 0000274372.jpg

HOME ≫ 施工事例 ≫

屋根・雨樋の修理、足場の設置の施工事例をご紹介

屋根の施工事例

屋根写真1

屋根瓦コロニアルが傷んできたら、葺替えをしたり修理をしなくてはなりません。大事な建物を守っているので、十分注意して施工する必要があります。

 葺替えをするときの材料が、現在の勾配に適合しているかです。現在の勾配に適合しない屋根材で葺くと、雨染み及び雨漏り等を起す場合もあるので注意しましょう。

次に屋根材の下に敷いている、ルーフィングまで張り替えるようにしましょう。最近のルーフィングは強度も強く防水性に優れているので、ルーフィングだけで雨漏り等の浸入を止める様な施工をしてもらいましょう。

下地材や垂木にカビや腐食が無いかも調べてもらいましょう。小さな雨漏れは天井に達しないので、気付かないのです。この際過去の小さな雨漏れで傷んだ部分も修理しましょう。
屋根写真2

埼玉県さいたま市 A様邸


工期

13日間

工事費用

970,000円

リフォーム内容

屋根塗装
外壁塗装
コーキング打ち替え
FRP防水工事(ベランダ)

雨樋の施工事例

雨樋

雨樋の交換、修理を依頼する際の覚えておきたいポイントですが、まずは本当に交換すべきなのか、修理で納まるのかの判断です。
10年ほどたっていると交換時期といわれています。ただ、間に外壁塗装などをしたい際に樋の塗装もしている場合劣化の具合も家により違うと思うので一概には言えませんがまだ替えなくても大丈夫な場合もあります。

大事なのは信頼のできる業者かどうかです。ちゃんと屋根に上り、細かく見て判断してくれる業者ほど安心です。

また樋を替える場合ほとんどは足場が必要になります。なぜかというと樋を固定する金具が屋根の上に乗って施工できる場合はほとんどないためです。

足場の施工事例

0000274372.jpg

外壁の塗り替えや防水をする場合は、足場設置しなくてはなりません。この足場は安全を第一または近隣に対する配慮で設置要必要があります


ご近所様に不快な思いをさせないのはもちろん安全対策の為必要項目です

モバイルサイト

関東屋根雨樋修理足場設置見積もりセンタースマホサイトQRコード

関東屋根雨樋修理足場設置見積もりセンターモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!